クラシキー - ブルーキャットエッグシェルカップ
クラシキー - ブルーキャットエッグシェルカップ
クラシキー - ブルーキャットエッグシェルカップ
Hands On Workshop

クラシキー - ブルーキャットエッグシェルカップ

通常価格 $19.00 $0.00
運送  チェックアウト時に計算されます。

ともたたたと丸尾錦陶芸家のエッグシェルカップ。

高さ7.8cmの上部で幅約8cm

この繊細な陶器のカップは、明治時代からヨーロッパに磁器を輸出してきた岐阜地域の磁器メーカーによって作られています。家族は6代目オーナーの奥田正孝が経営しています。

●関生丸長は、卵の殻のように薄くて軽い「卵殻」と呼ばれる磁器を作るとして知られる、100年以上続いている窯です。柔らかい粘土を伸ばして成形し、石膏型に入れます。このようなセラミックハウスは、粘土で作業し、ちょうどトワーと指先を使用して調整する専門知識を持っている非常に少数があります。

エッグシェル磁器は、通常、約1mmの厚さであり、光の上に保持するとわずかに透明に見えます。一見すると手に持ちやすいように思えますが、高温で焼くので意外と強いです。

猫をフィーチャーしたデザインは、泥染めと刺繍を使ったオリジナルの布製品を制作するデザインデュオ、錦丸と友武とのコラボレーションです。ここで紹介されている猫は焼けのない陶器の表面に印刷されています。 その後、透明な釉薬で高温で焼きますが、デザインが溶けた釉薬を貫通すると、微妙なぼかしが発生します。しかし、そのようなデザイナーは、彼らは「それ」私は落ち着きを感じさせ、それが自然な身体の優しさにつながっていると感じます。


この製品を共有する


このコレクションの詳細

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal $0.00
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods

x

x
x